Moto G5s及びMoto G5s Plusのスペック詳細とレビュー・最新価格情報

はじめに

当記事では、モトローラ社(レノボ傘下) Moto G5s及びMoto G5s Plusのスペック詳細と紹介・レビューを説明させて頂きたいと思います。

このページは下記「DSDS製品一覧紹介」の子記事になりますので、いきなりこのページに来られた方で興味ある方は、下記当サイト記事を御覧ください。

2019年最新版:DSDS対応おすすめSIMフリースマホ価格帯別全18機比較
DSDS機能を備えたスマホを「価格帯別」でご紹介。各スマホ「おすすめポイントのまとめ」比較に加え、「DSDSとは?」の徹底解説付きでご説明します。

製品紹介

恒例の、G5s及びMoto G5s Plusのモトローラ社の製品ページの紹介になります。

moto g⁵ˢ (第五世代スペシャル・エディション) - SIMフリースマートフォン
申請hンmoto g⁵ˢ。精巧なフルメタル一体型デザイン筐体と終日駆動バッテリーを持ち合わせたスマートフォンです。1600万画素の最新鋭リアカメラで撮影可能、撮影した写真を5.2インチのフルHDディスプレイで表示可能。また高速オクタコアプロセッサ搭載により、ゲームをプレイ&ストリーミング映像を見るのも、快適です。
Moto G⁵ˢ Plus SIMフリーフォン / モトローラ
新製品Moto G⁵ˢ Plus 1300万画素のデュアルカメラ搭載、フルメタル一体型デザイン筐体、5.5インチ フルHDディスプレ、終日駆動バッテリー、TurboPower充電に対応

 

こちらも恒例のYouTube公式動画です。

YouTube

 

両機のスペック一覧の詳細になります。

MOTOROLAMoto G5sMoto G5s Plus
ディスプレイ5.2インチ
GORILLA® GLASS 3
5.5 インチ
GORILLA® GLASS 3
画面解像度1920×1080ドット
(フルHD)
1920×1080ドット
(フルHD)
サイズ150.0×73.5×8.24mm153.5×76.2×8.04mm
重量157g170g
CPUQualcomm® Snapdragon™
430 オクタコア
Adreno 505
Qualcomm® Snapdragon™
625 オクタコア
Adreno 506
メモリー3GB4GB
ストレージ32GB32GB
外部ストレージmicroSD(最大128GB)microSD(最大128GB)
OSAndroid™7.1.1 NougatAndroid™7.1 Nougat
対応ネットワークドコモプラチナバンド
(Band19) ○
FOMAプラスエリア
(Band6/19) ○
auプラチナバンド
(Band18/26) ○
au 3G
(CDMA2000) ×
ソフトバンクプラチナバンド
(Band8/28) ○
ドコモプラチナバンド
(Band19) ○
FOMAプラスエリア
(Band6/19) ○
auプラチナバンド
(Band18/26) ○
au 3G
(CDMA2000) ×
ソフトバンクプラチナバンド
(Band8/28) ○
無線LANIEEE802.11a/b/g/n
(2.4GHz/5GHz)
IEEE802.11a/b/g/n
(2.4GHz/5GHz)
カメラ機能(背面)1600万画素
像面位相差AF
F2.0 口径
FHD動画撮影 (30 fps)
1300万画素 +1300万画素
デュアルカメラ搭載
被写体深度対応
F2.0 口径
4K動画撮影 (30 fps)
カメラ機能(前面)500万画素
広角レンズ
F2.0 口径
LEDフラッシュ
800万画素
広角レンズ
F2.0 口径
LEDフラッシュ
バッテリー容量3000 mAh
turbopowerTM
15 分充電で
最長5時間駆動
3000 mAh
turbopowerTM
15 分充電で
最長6時間駆動
SIM形状nanoSIM×2
3G+4G対応DSDS
技適有り
nanoSIM×2
3G+4G対応DSDS
技適有り
指紋認証有り
前面
有り
前面
GPSGPS
A-GPS
GLONASS
GPS
A-GPS
GLONASS
センサー類NFC対応
加速度
ジャイロ
近接
環境照度
NFC対応
加速度
ジャイロ
近接
環境照度
USB端子Micro USBMicro USB
カラールナグレー
ファインゴールド
オックスフォードブルー
ルナグレー
ブラッシュゴールド
ニンバスブルー

まず、カメラ性能からレビューさせて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

背面(メイン)カメラ性能

Moto G5s : 1,600万画素 F値2.0 + 像面位相差AF
Moto G5s Plus : 1300万+1300万画素 デュアルカメラ F2.0 被写体深度対応

両機種とも、F値2.0の明るいレンズを搭載し、G5sは1600画素の高精細、G5s Plusは1300万画素×2のデュアルカメラを搭載しています。

moto機のカメラは、悪い評価こそあまりないものの、逆に目立って良い評価もあまりない、という極めて標準的なカメラ性能となっています。3万円以下の機種ではカメラ評価が低いモデルが多いので、それよりは良く、逆に、ASUS,HUAWEIの3万以上の機種との比較評価ではあまり高くない、という立ち位置です。

総評すると、「カメラ性能にこだわりのない一般層のユーザーはおおむね満足している」機能を備えていると言えるでしょう。

G5s Plusはデュアルカメラの恩恵で、ポートレート的(いわゆる背景のボケた)な写真の撮影が可能になっていることもポイントです。

前面カメラ性能

G5s:500万画素、Plus:800万画素の F値2.0+LEDフラッシュ

こちらもいたって一般的なカメラ評価の評判です。G5sは画素数が低いので、繊細な描写には向いていないでしょう。

CPU・GPU(及びメモリー)性能

Moto G5s :Snapdragon™430 オクタコア、Adreno 505 + メモリー3G
Moto G5s Plus : Snapdragon™ 625 オクタコア、Adreno 506 + メモリー4G

スペック的な分析では、AnTuTuベンチマークスコアでの実測データで、

G5sのSnapdragon 430の「総合スコア約4万4000点」となっており、G5s PlusのSnapdragon 625では「総合スコア約6万点強」という点数です。

430の方は、同価格帯のZenFone 4 MAX、goo g08と同じCPUであり、625の方も、同じく同価格帯のZenFone 3、novaと同じCPUとなっています。

両機とも、価格相応の性能を持っていると言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バッテリー機能

3000mAh容量バッテリー搭載+turbopower™

両機種ともに3000mAhという容量です。このクラスとしては標準的な容量になり、1日使いとしては問題ない容量です。

付属のturbopower™ チャージャーを使えば、15分の急速充電で約5時間駆動が可能なのも特徴です。

ネットワーク機能

ドコモプラチナバンド+auプラチナバンド+ソフトバンクプラチナバンド全対応
IEEE802.11a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)対応

G5sの特徴として、豊富なネットワークband対応があげられます。特に、moto Gシリーズとしては初のauのプラチナバンドに対応した事により、キャリア選択肢の幅が広がったことは素直に喜ぶべきでしょう。

WiFiでは、高速のIEEE802.11 acにこそ対応していないものの、5GHz帯の通信にも対応している為、家中5GHzで統一したい/しているユーザーにとっては嬉しい仕様です。

デザイン

プレミアムメタル仕様:なめらかフルメタル一体型デザイン

動画、公式ページをご覧頂ければわかるように、他機種が「エレガント志向」だとすればmotoシリーズはその特徴として、「メタリック志向」と言えばいいでしょうか。いかにも堅牢なボディデザインになっています。

引用すると、「1 つのハイグレードアルミニウムから精巧に作られています。ダイアモンドカットと、フォローレスなデザイン仕上げにより、筐体の出事案性はかつてないほどに美しく、力強いフォルム仕上げとなっております。」が特徴です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

OS及びインターフェース

moto機最大の特徴と言えば、そのインターフェースでしょう。GoogleのNexusシリーズとほぼ同様の、

「GoogleのAndoroid OSにほぼ一切手を付けていない、限りなくAndroidの素に近いインターフェース」採用しています。

この特徴は、メーカー独自UIを苦手とするmoto機支持ユーザーの強い、強いこだわりとなっています。

また、初期OSがAndroid™7なものの、Android™8 oreoへのアップデートがメーカー公式に予定されているのも、嬉しい内容でしょう。8へのアップデートがなされれば、Mate 10 Proに次いで初のoreo仕様のDSDS機となります。

付加機能

その他、 Bluetooth、テザリングに対応している他、センサー類も一通りそろっています(※1)し、GPSはフルスペック、指紋認証もそれなりに高度など、基本的な要件は抑えており、普段使いのスマホとしては申し分ない機能をそろえているといえるでしょう。

※1:moto機の伝統?として「電子コンパス」が無いのが特徴です。(理由はわかりません。)「移動しながら」のMAPアプリ使用ではあまり問題ないでしょうが、不意に、「どっちが北だっけ?」となった場合などにちょっと不便ですので注意して下さい。

まとめ及び価格情報

どうでしょうか?ここまで機能毎の各項目について記述してまいりましたが、このG5sシリーズ、独自性にあふれているのがわかります。特に外装及びインターフェースまわりで、好みのユーザーにはツボにはまるのではないでしょうか。

さて、最後に気になるお値段情報ですが、2019年4月現在、

Moto G5s   :実勢価格  約2万円前後
Moto G5s Plus :品薄中
となっているようです。新モデルが発表されたのでかなりお買い得価格です!

最新の価格情報は下記をどうぞ。

終わりに

追記情報などはあり次第、更新していきたいと思います。

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 www.newlifestyleweb.com