HUAWEI nova 2のスペック詳細とレビュー・最新価格情報

はじめに

当記事では、HUAWEI社 nova 2のスペック詳細と紹介・レビューを説明させて頂きたいと思います。

当ページは下記「HUAWEIスマホおすすめ一覧紹介」の子記事になりますので、こちらに直接来られた方で、興味のある方は、まず下記当サイト親記事を御覧ください。

2019年最新版:HUAWEIおすすめSIMフリースマホ価格帯別全14機比較
2019年1月:HUAWEI(ファーウェイ)製の最新厳選SIMフリースマホ各機の「おすすめポイントのまとめ」比較を「価格帯別」でご紹介。スマホ毎の「詳細スペック・レビュー」がリンク先でお読み頂けます。

製品紹介

nova 2 製品サイトの紹介です。

HUAWEI nova 2 スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan
HUAWEI nova 2はスマートな生活のための軽量、スリムで強力なメタリック・スマートフォンです。 2つのリアカメラレンズは素晴らしい撮影のために。 Nova 2は、オーディオ専門家と提携し、優れたモバイルオーディオ体験を提供します。

 

YouTube公式動画は下記にて。(こちらはau版です。)

HUAWEI nova 2 HWV31 製品紹介動画

 

スポンサーリンク

スペック一覧

名称HUAWEI nova 2
ディスプレイ約5型液晶
画面解像度1920×1080ドット
サイズ約69×142×6.9mm
重量約143g
CPUHUAWEI Kirin 659
2.36GHz+1.7GHz(オクタコア)
メモリー4GB
ストレージ64GB
外部ストレージmicroSD(最大128GB)
OSAndroid 7.0
対応ネットワークau 4G
無線LANIEEE802.11b/g/n(2.4GHz対応)
カメラ画素数リア:約1200万+800万画素
/イン:約2000万画素
バッテリー容量2950mAh
SIM形状nanoSIM
USB端子Type-C
カラーオーロラブルー、グラファイトブラック、ローズゴールド

まず、多くの人が気になるであろう、カメラ性能まわりからレビューさせて頂きたいと思います。

背面(メイン)カメラ性能

1200万画素(F1.8・広角)と約800万画素(F2.4・2倍望遠)ダブルレンズ

とにかく、nova 2の最大の特徴といっていいのが、広角レンズ+望遠レンズのデュアルレンズカメラ機能でしょう。この組み合わせはHUAWEIでも初の機能になります。

F1.8の明るい1200万画素と、約2倍望遠「光学ズーム」の800万画素レンズのデュアル採用により、他のスマホにはない「非常に面白い」カメラ機能をユーザーに提供しています。

これまで、HUAWEIはP10などの高価格機種において、「ハイブリッド・ズーム」という名の、高精細レンズのデジタルズームにてズーム機能を提供してきましたが、当機種では「光学ズーム」を採用しています。この機能はその名の通り、普通のデジタルカメラと同じズーム機能をスマホにて搭載したことになり、HUAWEIブランドでは初の機能となります。

さらに面白いのは、光学ズーム自体はASUS他のブランドでも実現しているのですが、そこはHUAWEI宝刀のダブルレンズです、「両カメラの機能を融合させた」カメラ機能を提供しています。(ASUS等は「レンズ切り替え式」)

その結果、ダブルレンズ効果により、被写体深度(距離)の正確性が格段にあがる為、いわゆる背景のぼけた「ポートレート」効果が実現でき、一眼レフさながらの写真撮影が可能になっています。

広角モード+望遠モード+両方でデュアルレンズの効果、という形式になり、「2粒で3度おいしい」機能が実現できていると言えるのです。

前面カメラ性能

インカメラ: 2,000万画素(開口部F値2.0)カメラ採用

メインカメラと同じく、インカメラにも非常にこだわっています。2000万画素!ものインカメラを採用すると共に、F値2.0の明るいレンズにより、暗所でも非常にキレイな自撮り(グループ撮り)が可能になっています。

ボケ感を調整できるアパーチャー機能と11の色温度を組み合わせたインテリジェントなLCD照明も採用され、新世代の10段階のビューティモードも組み合わされたそのこだわりは、「プロカメラマンのスタジオレベル」とHUAWEIが自負するほどの高機能カメラに仕上がっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ディスプレイ性能

1920×1080ドット(フルHD)の5型IPS液晶を搭載しています。

5型と非常にコンパクトながら、フルHD解像度の高い解像度のディスプレイを採用しており、コンパクトさと高画質の両立ができていると共に、狭額縁デザインにより、横幅7センチを切る筐体サイズは、コンパクト派にはたまらない1台になっていると言えるでしょう。

CPU・GPU(及びメモリー)性能

CPU:HUAWEI Kirin 659 2.36GHz×4+1.7GHz×4(オクタコア) & メモリー4G

nova 2では、Kirin659というかなりの高性能CPUが搭載されています。

かなり重たい3Dゲームでも無い限りストレスのない処理速度を持っているといえるでしょう。

メモリーも4Gも積んでいるので容量不足を感じることはほぼないはずです。ROM(ストレージ)も64Gと、非常に大容量です。

AuTuTuベンチマークでも、総合スコア8万5000オーバーの点数を叩き出しており、ミドルレンジ超えクラスの性能です。

オーディオ性能

nova 2では独自音声DACチップ「AK4376a」を搭載するとともに、HUAWEI Histenサウンドアルゴリズムを実装しています。

HUAWEIのスマホ製品は、割とカメラ側に性能をふってくることが多いので、専用音声チップを搭載した当機はかなり独自の性能を持っていると言えます。しかも搭載DACは業界ではかの有名な旭化成エレクトロニクス製のAK4376Aとなります。

DACとは動画・音楽データなどのデジタル信号をイヤフォン等のアナログ信号に変換させる為の、音響性能では核となる基盤のことで、こちらの検索結果からもわかるように、音楽好きのユーザーは外付けの独自DACをスマホに足して音楽を聴いているほどなので、32bitDACを内蔵している事はかなり革新的な性能となります。

また、当機はHUAWEI独自の「Histenサウンドアルゴリズム」を搭載している為、「劇場品質」と自負する3Dステレオサウンド効果が楽しめるようになっています。

スポンサーリンク

バッテリー機能

2950mAhのバッテリー装備、です。

このクラスとしてはほぼ3000mAhもの容量を確保していますので、1日使いにおいて、バッテリー持ちの心配をする必要はないと言っていいでしょう。

デザイン

アルミニウムマグネシウムメタルボディ+6.9ミリ・スリムデザイン+狭額縁

nova 2は非常にコンパクトながらも、薄さ6.9ミリのスリムデザインを撮りながら、マグネシウム+アルミ合金により強度も十分確保されています。

画面性能でも前述しましたが、狭額縁デザインにより非常にコンパクトながら見やすい画面占有率となっています。

加工精度もnovaの血を継ぐ製品として、高級感も申し分ない仕上がりとなっています。

カラバリもオーロラブルー、グラファイトブラック、ローズゴールドと用意され、各色とも洗練されていますので不満を持たれる方はいないかと思います。

付加機能

その他、 Bluetoothに対応している他、センサー類も一通りそろっていますし、GPSも高度、指紋認証も文句なしの精度、など、基本的な要件は抑えており、普段使いのスマホとしては申し分ない機能をそろえているといえるでしょう。

まとめ及び価格情報

どうでしょうか?ここまで個別にレビューしてまいりましたが、nova 2、価格の割にかなり高性能ではないでしょうか。独自性にもあふれていますね。

さて、最後に気になるお値段情報ですが、2019年1月現在、

nova 2 auモデル : 約2万円前後

となっているようです。

 

価格情報とプロバイダは下記にて。

注意!:au版検討の方に:auのVoLTE端末は、SIMロック解除しない限り、「au系MVNOのVoLTE SIMであっても」auのSIM以外は受け付けないので気をつけて下さい。(かつ、現在のルールではauから直接購入した本人以外はSIMロック解除できません。)→必ずSIMロック解除済が明記されたものを購入しましょう。

通信速度無敵・UQモバイルにて、正規対応品が購入可能です。(auのロゴもついてません)
マンスリー割で540円/月×24(初月648円)実質負担額は税込1万3068円

本体別購入でSIMのみ加入ならIIJがオススメ。事務手数料1円、au Volte対応SIM発行可。
IIJmio(みおふぉん)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 www.newlifestyleweb.com