Lenovo TAB4 8のスペック詳細とレビュー・最新価格情報

はじめに

当記事では、Lenovo社 Android タブレット TAB4(無印)8、LTE/WiFiの各モデルの紹介を行います。

こちらは、「Androidタブレット一覧紹介」の子記事になりますので、直接当記事に来られた方でご興味ある方は下記親記事を御覧ください。

2019最新:おすすめ!Androidタブレット「インチ・性能別」全16機 徹底比較解説
2019年3月:アンドロイド・タブレットを「選び方のポイント」から徹底解説。厳選各機種「おすすめポイントのまとめ」比較と、「各タブレット個別の詳細スペックとレビュー」、最新価格がご覧頂けます。YouTube公式動画もまじえながら、Androidタブレット最新おすすめ機種を一気まとめ!

製品紹介

最初に、Lenovo社の製品情報のページから当機種の紹介をさせて頂きます。

Lenovo TAB4 8 | 家族でつかえる8.0型タブレット | レノボジャパン
Lenovo TAB4 8はコンパクトなボディで、家族でシェアできるマルチユーザに対応したタブレットです。スタイリッシュで堅牢なデザイン、鮮やかな8.0型ワイド液晶、高音質なオーディオを搭載。長時間バッテリ駆動が可能です。

次に、当サイト恒例のYouTube公式動画!といきたいところですが、このモデルは海外版含め公開されていないようです。

スポンサーリンク

スペック一覧

メーカー:LenovoTAB4 8
ディスプレイ約8インチ
IPS液晶
画面解像度WXGA(1280x800ドット)
サイズ約 211x124x8.3mm
重量約320g
CPUQualcomm®
MSM8917/APQ8017
(Snapdragon 425)
クアッドコア
メモリー2GB
ストレージ16GB
外部ストレージmicroSD
(容量記載なし)
OSAndroid 7.1 Nougat
対応ネットワーク
※LTEモデルのみ
FDD LTE Band 1/3/5/8/19
W-CDMA Band 1/5/8
無線LAN802.11 b/g/n
(2.4GHz)
カメラ画素数リア:500万画素
/イン:200万画素
バッテリー容量容量 4850mAh
オーティオ性能ドルビーアトモス
ステレオスピーカー
SIM形状
※LTEモデルのみ
nanoSIM
GPSGPS / Glonass
+LTEのみA-GPS
センサー加速度センサー
光センサー(LTEのみ)
近接センサー(LTEのみ)
カラースレートブラック

GPS及びセンサー類がLTE/WiFiモデルで異なるので注意して下さい。

ディスプレイ性能

モデル共通でWXGA (1280 x 800)ドットのディスプレイを採用しています。フルHDが登場する以前のHD規格に近い解像度となっています。

本来であれば、大画面を生かしてフルHD、といきたいところですが、そこは廉価モデル、多少低い解像度での妥協が必要です。

HD画質はありますので、一般的なアプリ使用、Web閲覧などでは困ることはないでしょう。反対にフルHDの動画視聴、精細な画像閲覧といった使用をしない方にはコスパ面で有利なモデルとも言えます。

IPS液晶を採用しているので、視野角も広く、大画面でも見やすいこともポイントです。

オーディオ性能

当モデルでは廉価モデルにしては珍しく、オーディオ性能にも付加価値が付いています。

TAB4 8には「ドルビーアトモス」が搭載されています。この音響効果は特に映画視聴などの際に大きな効果を発揮するでしょう。まだ搭載された機種は限られているので、かなりのスペシャル仕様と言えます。

ドルビーアトモスについて詳しく知りたい方は下記リンクを御覧ください。

ドルビーを採用したタブレット
最良のサウンドが聴けるタブレットをお探しですか?ドルビーの音声技術を採用したタブレットでは、映画、音楽、TV番ç...

また、ステレオ・スピーカーを標準装備しているのもポイントです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

CPU・GPU(及びメモリー)性能

CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 425 & メモリー2G

スペック表ではQualcomm MSM8917/APQ8017と表記されていたりしますが、スナドラ425と言ったほうがわかりやすいのでここではその表記を使います(呼び方の違いだけです)。

性能としてはクアッドコア(4コア)に+2Gメモリーなので、実用性としては必要最低限の性能です。重い処理を期待するのは止めましょう。

こちらも逆に、Web閲覧などをメインとして利用するユーザーにとってはコスパ面では優位です。

スペック的に分析してみると、AnTuTuベンチマークスコアでの実測データで、当機のSnapdragon 425の「総合スコア約3万5000点」という結果になっています。「普段使い」のレベルにおいては最低限の実力を備えていると言えます。

※上記CPUは同じく廉価モデルのMediapad T3のものとまったく同じになります。

バッテリー性能

「4850 mAh」バッテリーを搭載しています。

1日使いとしては十分な容量のバッテリーを保持していると言えるでしょう。電池持ちを気にしなくて済むタブレット生活が送れるはずです。

その他機能

カメラ性能については、これはスマホが担当すべき分野です。当機ではメモ代わりになる程度と考えていいでしょう。

ネットワーク機能については、WiFiが全モデルIEEE802.11 nに対応していますので、特段不自由を感じることはないかと思います。5GHzは非対応なので注意して下さい。

LTEモデルでは、対応Bandが、1/3/5/8/19というかなり限定されたBAND対応をしています。TAB4 Plusとは異なり、プラチナBandではドコモのBand19に対応しています。

各キャリア共に主力BandであるBand1には対応しているものの、ドコモのキャリア網以外のユーザーは都市部限定、といった使い方になるかと思います。

OSがAndroid 7なのは重要です。Android 6、場合によっては5止まりになっているタブレットが多い中、当機種はタブレットではほぼ最新の7になっています。7ならではの画面分割機能などが使えて便利なのももちろんですが、長期使用を考えると、なるべく新しいOSを搭載しているほうがいいことは明白です。

その他、センサー系が加速度しかない(WiFiモデル。LTEモデルではプラスして、光センサー、近接センサー装備)ので、電子コンパスやジャイロを必要とする方は注意です。

GPSは装備してこそいるものの、WiFiモデルではさらにA-GPSが省かれていますので、「持ち歩きを考えているユーザーは」考慮が必要でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ及び価格情報

どうでしょうか?ここまで機能毎の各項目について記述してまいりましたが、このTAB4 8、廉価版の割に、音響性能もついてくるので、結構お得ではないでしょうか。

さて、最後に気になるお値段情報ですが、2019年3月現在、

TAB4 8 WiFiモデル :約1万5000円強
TAB4 8 LTEモデル  :約2万円前後
となっています。
オンラインショップの最新価格は下記からどうぞ。

終わりに

追記情報などはあり次第、更新していきたいと思います。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 www.newlifestyleweb.com