Huawei MediaPad T2 8 Proのスペック詳細とレビュー・最新価格情報

はじめに

当記事では、HUAWEI社 Android タブレット MediaPad T2 8 ProのLTE/WiFiの各モデルの紹介を行います。

こちらは、「Androidタブレット一覧紹介」の子記事になりますので、直接当記事に来られた方でご興味ある方は下記親記事を御覧ください。

2019最新:おすすめ!Androidタブレット「インチ・性能別」全16機 徹底比較解説
2019年3月:アンドロイド・タブレットを「選び方のポイント」から徹底解説。厳選各機種「おすすめポイントのまとめ」比較と、「各タブレット個別の詳細スペックとレビュー」、最新価格がご覧頂けます。YouTube公式動画もまじえながら、Androidタブレット最新おすすめ機種を一気まとめ!

製品紹介

最初に、HUAWEI社の製品情報のページから当機種の紹介をさせて頂きます。

HUAWEI MediaPad T2 8 Pro | PC & タブレット | ファーウェイ・グローバル
HUAWEI MediaPad T2 8 Pro

こちらも恒例の MediaPad T2 Pro YouTube公式動画!といきたいところですが、すいませんこちらのモデルは海外版含め公開されていないようです。

スポンサーリンク

スペック一覧

メーカー:HUAWEIMediaPad T2 Pro 8インチモデル
ディスプレイ約8インチ
IPS液晶
画面解像度WUXGA (1920 x 1200)ドット:フルHD+
サイズ約123×209.3×8.1mm
重量約340g
CPUQualcomm® MSM8939 オクタコア(Snapdragon™ 615)
メモリー2GB
ストレージ16GB
外部ストレージmicroSD(最大126GB)
OSAndroid™ 6.0 Marshmallow / Emotion UI 4.1
対応ネットワーク
※LTEモデルのみ
FDD-LTE: B1,B3,B5,B7,B8,B19,B20,B26,B28
W-CDMA: B1,B2,B5,B6,B8,B19
無線LANIEEE802.11a/b/g/n/ac 準拠 (2.4 / 5 GHz)
カメラ画素数リア:800万画素
/イン:200万画素
バッテリー容量容量 4800 mAh
オーティオ性能特記なし
SIM形状MicroSIM
GPSGPS
GLONASS
A-GPS(※LTE対応モデルのみ)
センサー近接、環境光、加速度、BDS
カラーホワイト

注意して頂きたいのは、WiFiモデルがA-GPSが非対応となることぐらいでしょうか。

それでは、まず、本気の一番の売りである。画面性能まわりからのレビューをさせて頂きたいと思います。

ディスプレイ性能

T2 8 Proでは、この価格にして、WUXGA(1920×1200ドット)の高精細ディスプレイを採用しています。フルHDが1920×1080ドットなので、それよりも少し細かい仕様です。

そもそもが、WUXGAの解像度を持っているAndroidタブレットが貴重な存在なので、とにかく、この価格帯でこの性能を持っているのが本製品の最大の特徴です。

フルHD動画視聴はもちろんの事、アプリ利用などでもその美しさは大変重宝することでしょう。

IPS液晶を採用しているので、視野角も広く、大画面でも見やすいこともポイントです。

CPU・GPU(及びメモリー)性能

CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 615 & メモリー2G

スペック表ではQualcomm MSM8939と表記されていたりしますが、スナドラ615と言ったほうがわかりやすいのでここではその表記を使います(呼び方の違いだけです)。

性能としてはオクタコア(8コア)に+2Gメモリーなので、実用性としては通常用途でストレスがないギリギリのスペックです。この価格帯なので重い処理を期待するのは止めましょう。

スペック的に分析してみると、AnTuTuベンチマークスコアでの実測データで、当機のSnapdragon 615の「総合スコア約4万点」という結果になっています。「普段使い」のレベルにおいては最低限の実力を備えていると言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バッテリー性能

「4800 mAh」のバッテリーを搭載しています。

8インチとしては標準的容量で、1日使いとしては十分な容量のバッテリーを保持していると言えるでしょう。

WiFi中心の方は、基本的に充電機会に恵まれるかと思いますが、LTEモデルで持ち歩き前提のユーザーにはうれしい性能となっています。

その他機能

カメラ性能については、これはスマホが担当すべき分野です。当機ではメモ代わりになる程度と考えていいでしょう。

また、Mediapad Mシリーズと違い、オーディオ周りの付加機能はありません。

ネットワーク機能については、WiFiが全モデルで5GhzのIEEE802.11 acに対応していますので、速度的な問題を感じることはないでしょう。(この価格帯では貴重です。)

LTEモデルでは、ドコモ系がLTEプラチナバンド(B19)・FOMAプラスエリア(B6,B19)に対応していますし、ソフトバンク系のプラチナバンドはB8、B28両対応しています。しかしながら、auのプラチナバンドはB26のみでB18非対応なので、au系のユーザーは注意しましょう。

OSはちょっと古い機種なのでAndroid 6止まりです。ここは価格と割り切りましょう。

その他、GPS、各種センサーも一通りそろっており、普段使いには必要十分な機能を備えていると言えます。しかしながら、WiFiモデルではA-GPSが省かれていますので、「WiFiモデルで持ち歩きを考えているユーザーは」考慮が必要でしょう。

まとめ及び価格情報

どうでしょうか?ここまで機能毎の各項目について記述してまいりましたが、MediaPad T2 Pro、「画面解像度以外は必要最低限に機能を絞った」結構ユニークな機種かと思います。

結果、フルHD+解像度を求める方で、コスパ重視の人には最適かと思います。

最後に気になるお値段情報ですが、2019年3月現在、

MediaPad T2 8 Pro WiFiモデル :約2万5000円弱
MediaPad T2 8 Pro LTEモデル  :約3万円弱
となっているようです。在庫は少なくなっているようなので気になる方はお早めに!
最新のオンラインショップの価格は下記をどうぞ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

終わりに

追記情報などはあり次第、更新していきたいと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 www.newlifestyleweb.com