HUAWEI Mate 10 Pro及びASUS ZenFone 4 Proのスペック詳細とレビュー・最新価格情報

当記事では、HUAWEI社 Mate 10 Pro 及び ASUS社 ZenFone 4 Proのスペック詳細と比較・紹介・レビューを説明させて頂きたいと思います。

 

では早速、両機種の各社製品ページの紹介になります。

HUAWEI Mate 10 Pro

HUAWEI Mate 10 Pro スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan
世界初のHUAWEI Kirin 970 AIプロセッサを搭載したHUAWEI Mate 10 Proは、迅速かつインテリジェントで適応性があり、現実の状況を即座に理解して対応することができます。

ASUS ZenFone 4 Pro

ZenFone 4 Pro (ZS551KL) | スマートフォン
ZenFone 4 Pro(ZS551KL)は、圧倒的なパワーのQualcomm® Snapdragon™ 835と6GBメモリを搭載。ラグジュアリーで上質なデザインに、最高のカメラ。そしてこの上なく強靭なパフォーマンスを誇るSIMフリースマートフォンです。

次に、YouTube公式動画を見ていきましょう。

HUAWEI Mate 10 Pro

NEW HUAWEI MATE 10 SERIES

ASUS ZenFone 4 Pro

Introducing ZenFone 4 Pro | ASUS

どうしょうか?

いやはや、HUAWEIの動画はいつもかっこいいですが、Mate 10 Proのはもはや芸術に達する域ですね。対するZenFone 4 Proは、ASUSらしく、スペックを的確にアピールしつつも、かなり洗練された感じを受ける内容となっています。

では、両機種のスペック詳細を比較形式で見てみましょう。

項目HUAWEI
Mate 10 Pro
ASUS
ZenFone 4 Pro
発売日2017年12月1日(公式)2017年10月27日(公式)
OSAndroid. 8.0 Oreo / EMUI 8.0Android™ 7.1.1
カメラ性能(背面)Leica デュアルカメラ
1200万画素カラー
+ 2000万画素モノクロセンサー
開口部 F1.6 / 光学手振れ補正
2倍ハイブリッドズーム
4K動画撮影
メインカメラ
F値1.7、Sony IMX362センサー
4段光学式手振れ補正
4K動画撮影
セカンドカメラ
1,600万画素2倍光学ズーム
フォーカス性能(背面)4-in-1 ハイブリッドフォーカス
(像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプスAF)
+AIでのリアルタイムの
シーン・被写体認識対応
約0.03秒TriTech+™テクノロジー
デュアルピクセル
像面位相差AF
レーザーAF
コンティニュアスAF
カメラ性能(前面)800万画素 (開口部F2.0 / FF)800万画素
IMX319Sonyイメージセンサ
F値1.9大口径レンズ
140°自分撮りパノラマ
バッテリー性能容量4000mAh (一体型)
急速充電対応 5V/2A or
5V/4.5A or 4.5V/5A
3,600mAh
ASUS BoostMasterテクノロジー
32分間約50%急速充電
CPU・GPU性能HUAWEI Kirin 970
オクタコアCPU
NPU: Neural Network Processing Unit
GPU Mali-G71
CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 835 (オクタコアCPU)
GPU:Adreno 540
メイン・メモリー6GB RAMLPDDR4 6GB
ストレージ容量128GB ROMROM 128GB
通信性能通信速度:
キャリアアグリゲーション: 2CA/3CA対応
4G+4G対応DSDV
技適あり
通信速度:
キャリアアグリゲーション: 2CA/3CA対応
4G+3G対応DSDS
技適あり
対応バンドドコモプラチナバンド(Band19) ○
FOMAプラスエリア(Band6/19) ○
auプラチナバンド(Band18/26) ○
au 3G(CDMA2000) ×
※公式にはau非対応
ソフトバンクプラチナバンド(Band8/28) ○
ドコモプラチナバンド(Band19) ○
FOMAプラスエリア(Band6/19) ○
auプラチナバンド(Band18/26) ○
au 3G(CDMA2000) ×
ソフトバンクプラチナバンド(Band8/28) ○
SIMサイズNano SIM x 2Nano SIM x 2
オーディオ性能ハイレゾ・サポート
(対応イヤフォン同梱)
ヘッドセットDTSモード対応
デュアルスピーカー内蔵
Hi-Res(ハイレゾ)
DTS Headphone:X™
SonicMaster 4.0
ディスプレイ性能約6.0インチ HUAWEI FullView Display
18:9 OLED / 2160x1080ドット / 402ppi /
1670万色 /
コントラスト: 70000:1
5.5型ワイド AMOLEDディスプレイ
フルHD(1,920X1,080)
Corning® Gorilla® Glass 5
指紋認証あり。
本体背面に実装
あり。
本体前面に実装
センサー類GPS/AGPS/Glonass/Beidou/QZSS
センサー:加速度 / コンパス / ジャイロ /
環境光 / 近接 / HALL / 気圧 / 赤外線リモコン
GPS(GLONASS、Beidou、Galileo)
センサー:加速度、電子コンパス、光、近接、
ジャイロスコープ、RGB、NFC
外装マテリアルボディ
前面・背面ガラス加工
幅:約74.5 mm
高さ:約154.2 mm
厚さ:約7.9 mm
重さ:約178 g
カラー(ミッドナイトブルー、チタニウムグレー)
アルミニウム・ユニボディ
2.5DCorning® Gorilla® Glass
約2.1mmスリムベゼル
幅:約75.6 mm
高さ:約156.9 mm
厚さ:約7.6 mm
重さ:約175 g
カラー(ムーンライトホワイト, ピュアブラック)
最初に、Mate10 Proのスペック概要を簡単にまとめてみます。

HUAWEI FullView Display搭載
・ついに、DSDS機でほぼベゼル・ゼロの画面の、「筐体前面ほぼ画面のみ」実現
・(HUAWEI念願の)2160×1080ドット超高精細「有機EL」ディスプレイ

Kirin 970プロセッサ
・世界初のAIプロセッサ搭載へ(これはニュースにもなりましたね)

新世代のLeica(ライカ)ダブルレンズ
・F値1.6の新Leicaダブルレンズカメラ+AIによるリアルタイム・シーン、被写体認識
・独自ハイブリッドズームも健在(劣化なく2倍ズームまで可能化)

「ハイレゾ」音源サポート+ヘッドセットDTS
・(こちらもHUAWEI念願の)ハイレゾ音源をサポートし、対応イヤフォンも付属

対する、ASUS Zenfone4 Proのスペック概要です。

5.5型ワイド AMOLEDディスプレイ(有機EL)ASUS Splendidテクノロジー
・解像度こそフルHDなものの、「アクティブマトリクス式」有機EL搭載

Qualcomm® Snapdragon™ 835、GPU:Adreno 540
・AnTuTu Benchmarkスコア「18万超え」の言わずと知れた最強スナドラCPU・GPU搭載

1,200万画素カメラ+1,600万画素「光学」ズームカメラ内蔵
・メインカメラの確実な強化と共に、サブカメラに光学ズームを搭載することでハイブリッドズームに対抗。

Hi-Res(ハイレゾ対応)+DTS Headphone:X™+SonicMaster 4.0
・ハイレゾ対応はもちろんの事、DTS技術を組み合わせたSonicMaster 4.0の最高音質。

Mate 10 Pro総評:カメラ+CPU/GPUを強化すると共に、高精細(フルHDの倍)・有機ELディスプレイとハイレゾもサポートし、「ほぼ全部入り+カメラだけは絶対負けない」最新フラッグシップ機に恥じないモンスターマシンとなりました。
ZenFone 4 Pro総評:こちらもスペックモンスターです。同じく有機EL(性能に優れたアクティブマトリクス式)+超高性能CPU+ハイレゾを組み合わせた音響性能に加え、こちらはハイブリッド・ズームに対抗して光学ズームを搭載しています。こちらの方も「全部入り」と言えるでしょう。

その他、
・メモリ:6G
・ROM:128G
・キャリアアグリゲーション: 2CA/3CA対応
・GPS、センサー類
は、ほぼ互角と言っていいでしょう。

バッテリーについては、Mate 10 Proやや有利、対応Bandはauに公式対応しているZenFone 4 Proが優勢、指紋認証については前面・背面とわかれるものの、これはユーザーの好み次第、といったところでしょうか。

大きく違うのは、Mate 10 Proは4G+4GのDSDVに対応しており、両スロットで4G同時待ち受けが可能となっています。この機能は国内正規品としては初対応となります。

デザイン面では、スペック表を見て頂けるとわかるように、Mate 10 Proの方が6インチと大画面なのにも関わらず、本体筐体サイズは逆にわずかながら小さくなっているほどで、いかにMate 10 Proの画面占有率が高いかがわかります。言うまでもなく、最近のトレンドですね。

どうでしょうか。長く書き続けるときりがないほどの両者の性能の良さですが、大きなポイントは上記に集約されると思います。

気になるお値段の方ですが、2019年4月現在

・HUAWEI Mate10 Pro 実勢価格:約5万5000円前後
・ASUS Zenfone4 Pro 実勢価格:品薄中
となっています。
最新の価格情報は下記をご参照下さい。

Mate 10 Proでもプロバイダ扱いが始まっています。(というか人気です!)

※各プロバイダの詳細情報は、下記画像リンクからご参照下さい。
(キャッシュバック等の特典も、下記リンクからでないと獲得できません。)

知らない人はいない。ド安定のOCN。
一括:税込75,384円、分割:月額税込3,348円×24ヶ月(音声契約が初期6ヶ月必要)

シェアと品質、人気で選ぶならIIJ。
事務手数料1円キャンペーン中!一括:税込86,184円、分割:月額税込3,618円×24ヶ月
IIJmio(みおふぉん)

一括払い+キャッシュバックならexcite。
一括税込86,184円+キャッシュバック1万円

月額支払額の安さで選ぶなら、AEON。
月額税込4,041円×24ヶ月

払い方自由でキャッシュバック付きのNifty。
一括:税込88,801円、分割:月額税込3,700円×24ヶ月+両方共キャッシュバック(データSIM:8,100円)

ポイント貯めたい人は、楽天モバイル。
スーパーホーダイ(音声契約)適用3年契約一括払い75,384円

 

ASUS Zenfone4 Proの扱いのあるプロバイダはこちら。

※各プロバイダの詳細情報は、下記画像リンクからご参照下さい。
(キャッシュバック等の特典も、下記リンクからでないと獲得できません。)

払い方自由でキャッシュバック付きの実績のNifty。
一括:税込91,201円、分割:月額税込3,801円×24ヶ月+両方共キャッシュバック(データSIM:8,100円)

シェアと品質、人気で選ぶならIIJ。
事務手数料1円キャンペーン中!一括:税込86,184円、分割:月額税込3,618円×24ヶ月
IIJmio(みおふぉん)

一括払い+キャッシュバックならexcite。
一括税込92,664円+キャッシュバック1万円

信頼性とお得取り、両方選ぶならBIGLOBE。
月額税込4,050円×24ヶ月+キャッシュバック=(データSIM)総額税込87,600円
【BIGLOBEモバイル】最大15,600円キャッシュバック!(2018年2月4日まで)

当ページは下記「DSDS製品一覧紹介」及び「HUAWEIスマホおすすめ一覧紹介」の両方の子記事になりますので、こちらに直接来られた方で、興味のある方は、是非下記当サイト記事を御覧ください。

2019年最新版:DSDS対応おすすめSIMフリースマホ価格帯別全18機比較
DSDS機能を備えたスマホを「価格帯別」でご紹介。各スマホ「おすすめポイントのまとめ」比較に加え、「DSDSとは?」の徹底解説付きでご説明します。
2019年最新版:HUAWEIおすすめSIMフリースマホ価格帯別全14機比較
HUAWEI(ファーウェイ)製の最新厳選SIMフリースマホ各機の「おすすめポイントのまとめ」比較を「価格帯別」でご紹介。スマホ毎の「詳細スペック・レビュー」がリンク先でお読み頂けます。

 

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 www.newlifestyleweb.com