ハウスリーフ・日常の側にある海の中の光景

楽園の島モルディブへの旅行記、第3弾。ハウスリーフ編。

モルディブ・リゾートへの旅行記。その3。海の中の世界編。

(トップ画像は、今回の撮影の中で最もきれいに撮れたと思ったものを掲載。)
筆者注:ケアンズ、モルディブ、フィジーでの水中撮影に使ったのはすべて、いわゆる型落ちの普通の防水デジタルカメラです。

本題。水上コテージから海を見れば、珊瑚や魚が見える透明度の高い海。
コテージの前の海、桟橋横の海、そして、シュノーケリングトリップで見た海。

海の中の世界は、前回投稿した景色とは違った、別次元の美しい場所だった。
ハードコーラルが様々な色をつけ、(ハードコーラルってあまり色のないイメージだったのだが、覆された形になった。)写真からも一目瞭然な限りなく透明な海、
とっても小さな赤ちゃん魚から、随分大きな魚まで、探そうとしなくても、あらゆるところにある環境。

色々な場所で観察できたエンジェルフィッシュ。

青い魚(?)達。

口先が飛び出た魚。チョウチョウウオ?

その他の、珊瑚とたくさんの魚達

至る所で乱舞する青と黄色がアクセントの魚達。

こんなに大きいやつも現れる。

イソギンチャクのおうちの側にいた俗に言うニモ(カクレクマノミ)とその家族。
南国の海にいくと何回でも見たくなる。なんといっても愛らしい。

イソギンチャクに隠れている小さな子供が見えるかな?
筆者が写真を取ろうと潜りながら近づくと、父親?と思われる大きいクマノミが、子を守るようにこっちに向かって泳いでくる。(それでもちっちゃいですが。)
クマノミ家族の家は、島で4つ発見し、毎日のように様子を見に行っていた。

ウミガメ、そしてサメ。この2つは、シュノーケルツアー(無料!)で見ることができた。
サメを撮影しようとして近づきすぎたせいか、ガイドのお兄さんに止めらた。。。そして、ウミガメはやっぱり美しいのだった。

毎日見ていると、魚の動きや生活が見えてきて興味深い。これこそ、ハウスリーフの醍醐味。
危険を感じると、さっと珊瑚の中に隠れる様子。泳ぎながら糞をしている姿。
コバンザメのように大きな魚の側に寄り添い、鱗についている何かを食べている様子。
写真には撮れなかったのだが、2匹の魚が、お互いを追いかけるようにくるくると回ってダンスをしている様子。(求愛?)

最後になるが、筆者は、朝食のパンを午前中に魚達に餌付けする日常を送っていたのだった。

今回撮影した写真は、そうとう深くからの光景も含まれている。それでも、太陽&抜群の透明度の恩恵でかなりきれいな色合いが楽しめるのがご覧頂けたと思う。

いかがだろうか。オーストラリア・ケアンズのアウターリーフとはまったく違った趣向のハウスリーフと共にある日常の感じがお伝えできただろうか。
注釈となるが、筆者はカメラのみの撮影を楽しんでいるわけではないので、一通り潜る→ちょっと景色が撮りたくなる→カメラの電源を入れてたまに撮影、という形だったので、実際は写真の何々倍もの光景に出会っていることを書き留めておきたい。

また、今回の場合の撮影深度は、素潜り深度というよりはカメラの防水限界(約5メートル)で行っていることをお伝えし、今回の旅行記を終わりたいと思う。

 

補足:タージ コーラル・リーフ・モルディブへは、一般の大手旅行会社からのツアーはほとんどない、といっていいです。なので、ホテルを個別に予約する必要が出てくるのですが、エクスペディア社なら、「最低価格保証」がついてくる通り最安の値段で泊まることが可能です。詳細情報は下記のリンクから簡単に検索して見ることができます。興味ある方はどうぞ。

 

ご拝読、ありがとうございました。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2018 www.newlifestyleweb.com