その国固有の動物と触れ合う事の大切さ

オーストラリア・ケアンズの旅行記、第1弾。動物園編。

初日、昼頃にケアンズに着いたので、午後からシティバスに乗って、動物園 Cairns Tropical Zoo(ケアンズトロピカルズー)に行くことに。

(筆者注:現在、ケアンズトロピカルズーは閉園中。これから行く方は同じく近郊のキュランダコアラガーデンズ (Kuradna Koala Gardens)で同様の体験ができると思うので、そちらを考慮の上お読みいただきたい。)

市内から動物園までの往復は、1日バスに乗り降り自由のチケットと同じ値段になるようで、知らなかった私たちにも、運転手さんが1日パスでチケットを出してくれた。
車内放送のないバスは、「降りる場所に着いたら教えてね」と運転手さんにお願いしてはいても、少しどきどきする。

ケアンズトロピカルズーは、木が生い茂った森のような中にあって、カンガルーに餌をやったり、ワラビーのいる囲いの中に入ったり、鳥類のいろいろいる囲いの中に入れたり、動物が身近に感じれる造りになっていて、かなり楽しめた。
ひとつの囲いの中に、1種類ではなく、別の種類の動物もいたりして・・なんだかおおらかな感じ。

カンガルーは、夕方だったので、たくさんの人に餌を貰ったみたいで、ちょっと餌に飽き気味(笑)だったので、餌やりは早めに行った方がもっと楽しいかも!?
でも、念願だったコアラ抱っこができて幸せ。

 

後は、バードショーがなかなかの迫力。
自分自身の頭上すれすれを鳥が飛ぶのを体感できる。

ケアンズ初日は、オーストラリアに来たんだ、と実感しよう!とオーストラリア独特の動物が集う動物園来訪を予定していたのだが、いい滑り出しの旅となりそうだ。

 

補足1:ケアンズへのツアーはJTBのWEB専用のものがだんぜんお得です。ご興味ある方はどうぞ。

<

補足2:また、当記事で紹介している現地オプショナルツアー情報は下記から参照できます。

 

次の掲載は、タリー川の激流で楽しめるラフティング編。乞うご期待!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 www.newlifestyleweb.com