タリー川・グレード4の激流とともに遊ぶ

オーストラリア・ケアンズの旅行記、第2弾。ラフティング編。


ケアンズ滞在3日目。
タリー川(Tully River)の1日ラフティングに参加した。

ラフティングは川によってレベル分けされていて、タリー川ではグレード4、つまり未経験者が参加できる最大レベルの激流の川を楽しむことができる。
といっても、ツアーではちゃんと装備も準備され、危険のないよう配慮されていた。ただ、こういうのが苦手な方、リスクを嫌う方にはバロン川(グレード3)のラフティングをお勧めする。

本題に戻る。
移動のバスの中で、いろんな国から参加している人たちの、国と人数の確認があった後、チーム分け。

私たちは、チームアジア。
中国人と台湾人の姉妹とのチームだった。

半日川を下り、ボートを降りて、川沿いのの中で、外に簡易的に準備された場所でのランチ。
バーガーパンにお肉やサラダをセルフで挟んで食べる。
あたたかい飲み物にほっと一息。
そして、午後は再度ボートに乗り込んで川を下る。

途中で、高い場所から川に飛び込んだり、
ボートの前部分に全員固まって、流れを下り、わざと川の中に落ちるのを楽しんだり、
小さな滝の下を通ったり。
他ボートに乗っている人にちょっかい出して、オールで水をかけあったり。
水の流れの緩やかなの中で川でのスイミングを楽しんだり。

珍しく、日本人は我々夫婦だけだったのだが、ずっと笑いっぱなしで、とっても楽しい1日を過ごせた。
もともと川遊びは大好きなのだ。
ケアンズは、春から夏に向かう時期。
川の水はまだぬるくはなく、長く水に使っていると、寒くなったりもしたのだが、タリー川の1日ラフティング、お勧めです!

 

補足1:ケアンズへのツアーはJTBのWEB専用のものがだんぜんお得です。ご興味ある方はどうぞ。

<

補足2:また、当記事で紹介している現地オプショナルツアー情報は下記から参照できます。

 

次回、ケアンズ近郊の颯爽とした高原ドライブ編。鋭意執筆中!

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2018 www.newlifestyleweb.com