Wimaxを使ってデータ量使いたい放題回線を構築しよう!プロバイダ選び方編

データ量使いたい放題!自宅/モバイル両用回線にWimaxを使ってみようWimaxのおすすめプロバイダ比較・選び方実践編2018年1月版(2/3)

今回の記事は、プロバイダ各社の実態を鑑みて、具体的にどのプロバイダを選べばいいのかのポイントの説明と、実際のおすすめプロバイダの紹介を行いたいと思います。

Wimaxのプロバイダ選びのポイント

では、前回記事のポイントを踏まえた上で、Wimaxのプロバイダを選ぶ基準はどのようにすればいいでしょうか。答えはこれまたシンプルです。

確実に安さのメリットを得られる、わかりやすく、月額費用が安いサービス・プロバイダを選べ」です。

それでは、早速、「キャッシュバック・キャンペーンではなく、月額割引を歌っている」プロバイダの比較をしてみましょう。ここでは、この趣旨にのっているSo-net、BIGLOBE、Broad WiMAXの3社の、具体的な月額費用を比較してみます。(比較の為、ついでに本家UQの価格ものせます)

Flat ツープラス ギガ放題 (2年)での各社比較

プロバイダ名So-netBIGLOBEBroad WiMAXUQ Wimax(本家)
プラン名月額大幅割引キャンペーン月額料金大幅値引き特典通常プラン通常プラン
契約可能端末W04、WX03W04、WX03、L01W04、WX03、L013年契約、W04、WX03、L01
契約事務手数料3000円3000円3000円3000円
初期費用0円0円18,857円
→キャンペーン中で0円
0円
端末代金0円初期0円、月割800円0円0円
初月料金0円0円日割り+安心サポートプラス550円日割り
1-2ヶ月目2,680円(200円のモバイルコース料金含む)3,695円(端末代金800円含む)2,726 円
(オプション解除後)
3,696円
3ヶ月目~24ヶ月目3,480円(同上)4,030円(同上)3,411円
(オプション解除後)
4,380円
25ヶ月目以降4,379円(同上)4,380円4,011円4,380円
解約料金1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目:9,500円
(2年後の更新月は無料)
同左同左同左
ただし、3年契約(3年後の更新月は無料)

どうでしょうか。3社とも多様なようですが、表を見る限り、So-netのW04、WX03限定プランとBroad Wimaxの通常プランが攻めあっている印象です。
逆に、月額料金大幅値引き特典をうたっているものの、実態としては端末代金(800円)が月額使用料に含まれるBIGLOBEはあまり安くなっていないのが読み取れます。

ここで、So-netとBroad Wimaxの2年目(24ヶ月目)までの月額費用、「約3500円」です。どうですか?かなり格安でそれなりの通信環境がスマートに自宅・モバイル両用として導入できる事になります。

ちなみに、自宅にW04、WX03を置きたい場合、見た目的にも、取り扱いやすさ的にも(サッと充電できて、サッと取り出せる)クレードル購入がオススメです。LAN端子も付いてますので自宅パソコンとの直結なども可能になります。

なんといっても、データ通信使いたい放題のWi-Fi環境を持ち運べるメリットははかりしれません。スマホの通信料金も最小限に抑えられますし、パソコン・タブレットとも同時使用できます。旅行・出張などでも重宝しますよ。

最近では、地下鉄でもほとんどWimaxの電波が届くようになったので、その利便性は増すばかりです。ホントに?と疑問の方は下記をどうぞ。

ここで使える!WiMAX 2+(私鉄・地下鉄)|【公式】UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ
UQコミュニケーションズ【公式サイト】ここで使える!地下鉄・地下駅ページ。超高速モバイルインターネットのWiMAX2+を提供。UQ WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社の高速モバイル通信サービスです。

また、W04、WX03で機種選択を迷う方には、筆者はWX03をオススメします。理由は、WX03はWX02に比べ、飛躍的に安定性が向上しているからです。また、WX03のクレードルは「外部アンテナ端子」を搭載しているので、比較的電波の弱い室内空間でも電波強度の補完をしてくれます(速度はあまりかわらないようです)。Amazonのレビューも好意的な意見多数です。

(W04に関しては、筆者は所持していないので確定的なレビューは書けませんが、口コミではちょっと悪い評判を目にします。)

最新のWX04に関しては今回紹介している2社に限らず、3年契約プランしか用意されていない(3年目の料金は高い)ので、現段階ではオススメできません。

それでは早速、So-netとBroad Wimaxの2社について、それぞれの契約の仕方のオススメの紹介を行いたいと思います。

プラン1.So-net(W04・WX03)

復習になりますが、So-net月額大幅割引キャンペーンプラン(W04・WX03)に関わる諸費用です。(ギガ放題・2年契約)
・契約事務手数料:  3000円
・初期費用:     0円
・端末代金:     0円
・初月料金:     0円
・1-2ヶ月目:    2,680円(モバイルコース200円含む)
・3ヶ月目~24ヶ月目:3,480円(同上)
の料金設定となっています。

So-netの場合、基本的に契約はシンプルなので特段説明は必要ないでしょう。強いていれば、すでに記述があるように、モバイルコース料金200円が、基本料金以外にもかかることです。

ただ一つ注意すべきなのは、月額通信量が大幅に低い(低くなった)人が契約プランの変更をする場合、So-netだと、通信量プラン(ギガホーダイ・プラン→月間7Gプラン)に変更すると、7Gのプランには大きな月額割引が適用されないこと、です。

So-netの詳細はこちら

プラン2.Broad Wimax(W04・WX03・L01

Broad Wimaxでの契約ポイントは初期費用18,857円をうまく避けるように契約しなければいけない事、です。

しかしながら、月額料金はSo-netよりわずかですが優れています。また、自宅専用にしたい方でL01を選びたい方はこちらのプランが良いでしょう。
(So-netのL01プランは3年契約のみ)

また、Broad Wimaxの場合はSo-netと違って、ギガホーダイ・プランと月7Gプランの変更がWebから毎月簡単に変えられて、(細かい料金は記述しませんが)7Gプランでも大幅に安いプランの適用が受けれます。

初期費用を避ける要件は、安心サポートプラスに加入すること(550円)+My Broadサポートにも加入すること(初期2ヶ月0円)+クレジットカード払いを選択すること、です。
(安心サポートプラスとMy Broadサポートは契約が開始して通信が始まったら、すぐに解約してしまいましょう。その月の終わりまでで終了になり、その後の料金は発生しません。Webの問い合わせフォームに、解約申し込みの旨を書き込んで送信するだけで済みます。)

前向きに捉えれば、機器の初期故障問題対応ができるのと、初期の各種設定にとまどった場合(ルーター・パソコン・プリンターなどのすべての操作含む)に対応するサポートを初月だけ利用するというのは、初心者にとっては意外と賢い選択かもしれません。

申し込みページから操作すればわかると思うのですが、どの選択をしたらどの料金になるというのが非常にわかりやすいWeb設計になっているので、上記前提さえ理解していれば、まず高額の初期費用が発生する事態はさけれるようになっています。

こちらも復習になりますが、Broad Wimaxプランに関わる諸費用です。(ギガ放題・2年契約)
・契約事務手数料:  3000円
・初期費用:     18,857円→上記条件で0円に
・端末代金:     0円
・初月料金:     日割り+安心サポートプラス550円
・1-2ヶ月目:    2,726 円(オプション解約後)
・3ヶ月目~24ヶ月目:3,411円(オプション解約後)

筆者は実はBroad Wimaxユーザーなのですが、サポート、品質ともに、特に不満を感じたことはありません。
→ただし、電話はつながりにくいので、基本、メールベースのやり取りになります。(メールのレスポンスは悪くありません)

 

Broad Wimaxの詳細はこちら

どうでしょうか、ここまで、Wimaxとは何かの説明→各社の実態→選び方のポイント→今回の具体的な契約方法、の順で説明してまいりました。

特に、自宅・モバイル両用できて、通信量無制限のサービスが格安に受けれるなんて、Wimaxってとても魅力的なサービスだと思いませんか?

この一連の記事が、皆様のシンプルでリーズナブルな自宅インターネット環境の構築の仕方について、少しでも参考になれば幸いです。

 

次の掲載は、とっても大事な、Wimaxを契約する際の注意事項について詳しく説明しちゃいます!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 www.newlifestyleweb.com