ようこそ、楽園のリゾートへ

楽園の島モルディブへの旅行記、第1弾。リゾート紹介編。

モルディブ・リゾートへの旅行記。その1。旅の始まり。

ビーチリゾート・モルディブへの旅、8日間。インド洋に浮かぶ大小の島々。
モルディブは1島に1リゾート。
島によって、料理の特色も、ホテルのグレードも、そして、海の環境も大きく異なる。

島を決めた第1優先事項は海。
ハウスリーフがあり、適度なドロップオフがある。
シュノーケリングで存分に珊瑚や魚が楽しめる環境。

浅瀬で景色の綺麗な海が続くことよりも、料理が美味しいことよりも、シュノーケリングを楽しめることがなによりもの第1条件。
でも、ついでだから、ホテルにもこだわってみた。

泊まったのは、評判高いタージ コーラル・リーフ・モルディブ・リゾート(Vivanta by Taj Coral Reef Maldivesの水上(!)コテージ。

トップ画像を見てもらえればわかるように、島の右側一列に、水上コテージが並んでいる。
我々はその一棟を宿とさせてもらったのだった。

(透明度の高い海の中にぽつぽつ見える黒い影は、珊瑚礁。)
モルディブのマーレ国際空港からスピードボードで1時間の島。
島をぐるりと歩いてもたったの10分程の小さな島。

このリゾートの楽しいイベントのひとつがエイの餌付け。
夕方になると、エイが海から浜辺にやってきて、手渡しでエサ(生魚の切り身)を食べさせられる。

はじめは少し怖かったのだが、ひれをバタバタさせながら、嬉しそうにエサを食べる様子を見ながら口の中に餌付けする体験、なかなかできない。
後日、シュノーケリング中に、海の中から、浜に向かうエイを見た。
「ごはん、ごはんー!!」
と一目散に浜に向かって泳ぐ姿は、ちょっと面白いものだった。

 

補足:タージ コーラル・リーフ・モルディブへは、一般の大手旅行会社からのツアーはほとんどない、といっていいです。なので、ホテルを個別に予約する必要が出てくるのですが、エクスペディア社なら、「最低価格保証」がついてくる通り最安の値段で泊まることが可能です。詳細情報は下記のリンクから簡単に検索して見ることができます。興味ある方はどうぞ。

 

・・・居心地のいいホテルで出会えた印象的な景色の写真を次回、掲載予定!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2018 www.newlifestyleweb.com